平成28年度 京都手話フェスティバル出場


1月22日(日) 京都新聞文化ホールにて、京都手話フェスティバルが開催されました。

本校の看護科・普通科の生徒が出場し、手話に対する思いや将来の夢などを手話で表現しました。

多くの参加者の中で、看護科の山田ゆいさんが国際ソロプチミスト京都弥生賞を受賞しました。

将来看護師になり、コミュニケーションに手話を役立てたいと言っていたので、ぜひ頑張って

ほしいと思います。

福祉科の生徒も、手話との出会いを語っており、良いスピーチをしてくれました。

このような機会を通して社会全体としての手話の理解、聴覚障碍者に対する理解を深めて

くれればと思います。