薬物乱用防止教室をしました。


薬物乱用防止教室を7月14(月)に1年生,15日(火)に2,3年生で行いました。

 

1年生は、南丹保健所から講師を招き、薬物の知識の講演とロールプレイを交えた勧誘の断り方を学びました。 薬物の知識を理解し、薬物は恐ろしいものであるため、絶対にしない事を学びました。その後、実際に薬物に勧誘されたとき、どのように断るのかをロールプレイを通して学びました。どんな断り方をしても、次々に追求されるので、必死になって断っていました。

H2607141 H2607142 H2607143

 

 

2,3年生では、京都ダルクから講師を招き、薬物依存の恐ろしさを伝えていただきました。 京都ダルクでの活動を通して、薬物依存の現状などを説明されました。また、薬物依存に至る経緯や依存したときのこと、家族の関わりなど自分の経験を話されました。生徒は、静かに話に耳を傾け話を聴いていました。また、脱法ハーブのことも話をされ、相当危険なものであるので、絶対に手を出さない方がいい。と、伝えていただきました。

 H2607151 H2507152 H2607153

 

 

夏休みに入る前に、薬物に関して多くのことを学ぶ事ができました。